医療行為は責任を持たなければいけない仕事

医療に関わる仕事には責任が必要です。
人の命に関わることなので、無責任には出来ません。
また患者の状態や家族に同情をして泣いてしまうような看護師や医師はその職業には向いていません。
失格とも言えます。
何故ならば、患者はその人1人だけではないからです。
涙を見せることによって、家族に不安を与えることになってしまいます。
絶対に感情移入をしてはいけない仕事なので、自分の感情のコントロールもしなければいけません。
そこがもっとも大変な部分なのかもしれません。
涙も見せないというのは冷たい人間というわけではありません。
プロ意識の高い人だということができます。
不安を与えるのではなく、医療に関わる仕事をしているのであれば安心感を与える行動を取らなければいけません。
1人の患者にだけ特別な言葉をかけることも好ましいことではありません。
それが例え子どもであってもです。
天使だとかアイドルだとかそういう言葉を発してしまう看護師や医師は意識が低いです。