広がる日本の医療の将来性に関して

少し前になりますが、日本の研究者がiPS細胞でノーベル賞を受賞しました。
本格的な臨床はまだまだ先になりますが、iPS細胞は血液や筋肉をつくるもとになると言われています。
臓器移植にはドナーが必要ですし、輸血には感染のリスクが付き物です。
iPSであれば拒絶反応のリスクがなくなりますし、今後の日本の医療は発展が期待されるのではないでしょうか。
美への関心も高まっていますし、夢の若返りが果たせる日も近いのではないでしょうか。
昔な不治の病と言われたがんですが、現在は治療技術が確立されています。
前提は早期発見と治療になりますが、目安とされる五年生存率は向上しています。
世界からも注目を集めている日本の医療ですが、平均寿命もまだまだ延びるのではないでしょうか。
私たちに出来ることは、早めの受診で医療費を抑制することです。
かかりつけ医を持つことが大切ですし、念に一度は人間ドックを受けて万全の備えをすることではないでしょうか。