本人負担が少なく病院に通いやすい環境にある

高齢者社会と言われる日本、近い将来は老人だらけの国になってしまうのではないでしょうか。
医療先進国でもある日本は、医者にかかる老人が多くなることで、その費用も莫大になり、国の借金を増やす結果にも繋がってしまっているようです。
ですが世界の大国までにしたのが、今の高齢者たちの努力の結果と考えると、無碍にも出来ずキチンとした老後を暮らして欲しいと考えることになるのでしょう。
現在、60歳から64歳の人たちで、人口10万当たりで7000人が、外来であり入院であり、なんらかの医療を受けていると言うことですから、それ以上の年齢の人は、更なる医療を受けていると言って良いのでしょう。
その65歳以上の人たちの一人当たりの1年間の医療費は、なんと70万円もかかると言うのですから、その総額が相当な数字になってしまうと考えられます。
個人がこの70万円を全て支払う必要はないのであって、保険治療が受けることで、治療費負担が三割ないし一割で済むようになっています。
治療に通いやすい環境が、出来上がっていると言って良いでしょう。