医療の選択肢、終末医療に何をすべきか

医療における選択肢は、医学の進歩と共に格段に増えました。
がん治療を例にあげると、手術、放射線治療、抗癌剤、先進医療などから、様々な選択が可能になってきました。
医師が、それらの選択肢を提示し、それぞれのメリット、デメリットを説明して、最終的に、患者やその家族が治療方針を決定します。
患者本人が決定できない場合は家族が決めなくてはならず、かなりの心的負担になることも考えられます。
 終末期の医療であれば、さらに深刻な選択を強いられるでしょう。
例えば、食事が出来なくなった場合はどのような選択が考えられるでしょうか。
意識がなくなったり、飲み込めなくなったり、のどや食道に障害があらわれたりした場合は、点滴や胃ろうという選択肢があります。
(「胃ろう」とはお腹の皮膚から直接、胃に管をいれ、栄養剤を注入するものです。
)意識障害などが起きた場合、回復の見込みがないと思われても、ほとんど無条件で胃ろうにしてしまうことも少なくないのです。
そうなると、意識のないままに長期間「生かされている」状態になってしまうこともあります。
 どのような終末医療を受け、どのような最期を迎えたいのか、一度は家族で話してみることが、とても大切ですね。

施設に合わせて最適な検診システムが選べる

交通事故治療
自賠責で治療費0円

カウンセリング重視の歯科クリニック

どれも全部一緒だと思っていたのですが、ヘルニアにも種類があるということをこのサイトで初めて知りました。

出張撮影
お客様の心を掴む

最新投稿